いちご狩りご招待。

毎年毎年ご自身の畑にご招待いただき、
いちご畑とサクランボの木を子どもたちに開放して、
狩り放題にさせていただいている市内の方。

今年もご招待いただきました。

が、昨年の台風19号で千曲川が増水した際、
河川敷にある畑が水に浸かり、いちごとサクランボの木が
全滅しました。
なので、今年は河川敷の畑にトウモロコシをみんなで植え、
それから山の上にある畑に移動して、いちご狩りをさせていただきました。


DSCN8227.JPG


そしてお宅に場所を変え、いちごミルク、手作りピザ、餅、などで、
食べ放題パーティー。


DSCN8289.JPG


ご招待主さん、そしてそのお友達のみなさんが、
もち米やジュース、各種フルーツ、材料、そして労力を
ボランティアで提供していただいています。

毎年毎年ほんとうにありがとうございます。

だいたい中学生以降になると、みんなで参加するイベントって
不参加を表明する子が多いんですが、毎年このイベントだけは
中学生も高校生も参加するんです。

やっぱり、

おなかいっぱい = 幸せ

ということなんでしょうね。

幸せな一日でした。



えんちょう。

畑を。

毎年、近くの苗屋さんから、
たくさんの野菜の苗をいただくんです。

そこで


IMG_20200604_145346239.jpg


畑の準備です。

暑い中、屈強な職員が畑を整えてくれました。

そして次の日みんなで苗を植えました。
※その日の写真はありません。

トマト、ナス、バジル、などなど
収穫がいまから楽しみです。

まぁ、それまでには 草取り があるんですが…
それもまた楽しんでやってこ。


えんちょう

フレーベル館 様より。

株式会社フレーベル館さまより


IMG_20200605_123747642.jpg


IMG_20200605_123755806.jpg



子どもたちの本をそれはそれはたくさんいただきました。
こんなにいただいていいのかなぁ、っていうぐらい。

新しい本が入ると子どもたちは争奪戦になったりするんですが、
こんなにあると争奪戦にはならないかな、と。
ありがたいかぎりです。

こんな素敵なことを企画して実施していただいた
フレーベル館の皆々様方。
ほんとうにありがとうございました。

因みにワタクシえんちょうのイチ推しはコレ。

IMG_20200605_174107740.jpg


重ね重ねありがとうございました。

えんちょう。

そうやって考えてくれるってことがなによりありがたいです。

市内のおじさまより。

「俺は国がくれるっていう10万円はいらねーや。
 だから、なんかに役立てたいんだよ。
 で、学園は子どもたち毎日いて昼飯用意すんの大変だろ?
 で、市内の飲食店も売り上げあがったりでたいへんだろ?
 だから、市内のテイクアウトしてる店から弁当買って
 学園に届けるなー」

って言って、子どもとその日の勤務してる職員分のお弁当を
学園に届けてくれました。


IMG_20200523_114457918.jpg


三方一両得、みたいな。


さらに、国からの一律10万円、いらないよ、っていう方からの
ご寄付の申し出を何件かお受けしています。

さすがに今回は、僕たちよりももっと困ってる方々がいっぱいいて、
この申し出に乗っかるのは気が引けていたのですが、
自立している卒園生たちからSOSが届いてて、
「今月の収入が1万円」
「家賃が払えない」
といった実態が明らかになってきて。
僕たちのほうでコメを届けたり、社会福祉協議会の貸付制度に申し込んだり
いろいろ知恵は絞りましたが、いただいたご寄付はそういった方面への支援に
遠慮なく使わさせていただければと思い、遠慮なくお受けすることにしました。

 長野信用金庫(金融機関コード1390)
 飯山支店 普通 0341831
 フク)イイヤマガクエンサンジョカイ
 社会福祉法人飯山学園賛助会

厚かましいとは思いますが、一般の会計と分けるために、
ご寄付受付用の口座も用意しました。

おねだりするつもりはまったくありませんが、
もし、お志をいただけるようでしたらよろしくお願いいたします。
そのうえで、寄付金控除の領収書が必要でしたらご一報ください。
入金確認ののち、喜んで発行させていただきます。


 えんちょう。

ありがたい贈りものが続々と。

こんな状態の世の中で、

「マスクがない」
「消毒がない」

なんていうのはうちだけじゃないし、
医療機関なんかはうちなんかよりもっとシビアだし、

ぼくらがあんまり、
「困った、困った」
いうのは気が引けるというか、
自力で何とかしなきゃ… って思ってました。

ら、


IMG_20200503_102908867.jpg

長野市の会社員の方がご自分で購入なさって、グレート☆無茶経由で送っていただいた子ども用マスク。



IMG_20200503_103223063.jpg

飯山市役所からいただいたマスク。大人用と子ども用。


IMG_20200503_103101735.jpg

長野市のライオンズクラブさんからいただいたマスク。


IMG_20200511_085923746 1.jpg

県外の方。毎年お菓子などをたくさん送ってくださる方で、今年もおいしいおやつ。


IMG_20200518_092058430.jpg

(株)たかくら新産業さんから、消毒スプレー。
このたかくら新産業さん、日本中の児童養護施設にこのスプレーを送られているようです。
頭が下がります。


そのほかにも、
手指の消毒用に消毒液をやっとの思いで購入したところ、甘い香り付きだったために
店舗では使えない、ということで学園にご寄付いただいた、市内老舗うなぎやさん。とか。


多くの方々に支えられている飯山学園です。

皆さま、ほんとうにほんとうにありがとうございます。

餅つきを。無観客で。

ほんとは本日お客さんをたくさんお呼びして、
バーベキューとか流しそうめんとか餅つきとか、
年に一度のパーティーの日だったんです。
ほんとなら。

もちろん自粛です。
このご時世に、たくさんの人を招いて飲食を提供するイベントを
開催していいわけありません。
あたまではわかってます。



つまらん。

せっかくのゴールデンウィークなのに。

ということで、無観客の餅つきを開催しました。


https://youtu.be/Dnz6gXVjN8c


グループホームの皆にもちょっとだけ雰囲気をおすそ分けということで、
ビデオも撮りました。
無音なのが残念。


誰か、この動画に素敵なBGMをつけてくれないかなあ。


こんなことしながら、自粛のGWをすごしてます。

えんちょう。

もうこれ以上は…

自粛という名の実質軟禁生活が続いております。
子どもたちのストレスももういっぱい。

そこで生活を共にする職員も、もう…

レンタルDVDとプロジェクターとスクリーンで映画をみたり、
園庭を自転車で走り回ったり、
裏の山によじ登ったり。

こっそり出てって友達と野球する中学生。
なんで、「友達と野球」なんていういたって健全な行為で
怒られなきゃならないんだ。わかっちゃいるけど理不尽だ。

協力は精一杯ちゃんとするから、神様早くあたりまえの日常に
戻してください。

そんななか、


IMG_20200428_125239581.jpg


IMG_20200430_141617172.jpg


こんな贈り物が。

「子どもたちはインドアで遊ぶ選択肢しかないから」
って、LEGOは正直嬉しすぎる。
アマゾンで注文して学園に届くようにしてくれました。

いつもなにくれとなく学園に、子どもたちに、ワタクシえんちょうに、
想いを馳せてくれている方。
個人的にはもう30年来のお付き合いのある。

本当にほんとうにありがとうございました。
もうすでに子どもたちは遊んでいます。


楽しく軟禁生活を。

全国的な緊急事態宣言を受けて。

私たち飯山学園でも、
子どもたちをほぼ軟禁状態におくことにしました。

とはいえやっぱり子どもは太陽を浴びなければ、とも
思いますので、敷地内と裏山をうろつくぐらいはいいかな、と。

街へのお出かけはできません。
図書館や本屋さん、100均にスーパー、どこにも行かないように。
高校生のアルバイトもストップしました。
別に、今までも休日となればみんながみんないつもいつも
お出かけしてたわけじゃないんです。
でも、
「出かけるっていう選択肢もある中で出かけない」
のと、
「出かけることができない」
のは、ぜんぜんちがう。

子どもたちがこの状況の中、家の中で快適に過ごすための工夫を。

 子どもたちが使えるパソコンを増やす。
 無線Lanの開放。
 ゲーム、漫画、映像コンテンツの増強
 DVD視聴機器を増やす。
 盤ゲームも増強
 等々

普段は絶対にやらないようなことでも、
我慢できなくて街に飛び出して行ってしまうことがないように、
何を優先すべきか考えて、緊急事態宣言の出ている間だけ限定で、
「できることは全部やる」
そんな気持ちでこの時期を乗り切ろうと。
いつまでになるのか先が見えないんですが。


そんな中。
ちょっと間が空いてしまったんですが、
もはや毎年恒例となっている、
うれしい贈り物が。


IMG_20200406_090436849.jpg

IMG_20200406_090251464.jpg


ダスカジャパンクァウテモックさんからのチョコレート。
毎年毎年ありがとうございます。

おいしいおやつがある。

っていうのも、子どもたちが楽しく軟禁生活を過ごすことができるための、
大きな要因となります。

この状況が一刻も早く収束に向かうように祈りつつ、
収束したらどこ行こう?
なんて妄想も子どもたちと共有しつつ、
子どもたちとの軟禁生活を楽しく過ごしたいと思います。


さくら満開。

暖かい日が増えました。
なんだかやっとこ春です。


IMG_20200416_104232340_HDR.jpg


しかしながら、学校は休校。子どもたちには外出をさせてません。
子どもたちのストレスはいかばかりか。

でも、今は全地球民が我慢をするときなんです。
って子どもたちには伝えてあります。

全部が終わって通常にもどったら楽しいことしよう、って。
じゃあ、どこ行く?って。

そんなのでごまかしきれる日数には限度があるよね。
なんか策を考えねば。

なんか、壮大な時間がかかるクイズ的なゲーム的なパズル的な何かがあって、
それを解いて内閣府かどっかに送ったら1,000円もらえる、的なのが
あったら、みんな家で過ごすんじゃないかな。
なんかそんなの考えてよ。あたまのいいひと。

なんてことをついうっかり考えてしまう昼下がりのえんちょうでした。


新年度です。 が…

新年度が始まって数日たちました。

なんだかこう…
春休みに私えんちょうとちょっとしたお出かけを計画していた
小学生男子2名。
やっぱり延期に。
いつになるかはわからないが、収束したら行こうね、と。
少し栄えた市のほうから泊まりに来たいって言ってた卒園生も
来るのを控えてもらいました。
やっぱり収束したらいくらでも来い、と。

そんななか、
新しく入った職員さんが頑張ってたり、
晴れて高校生になった子の入学式があったり、
来週は中学校の入学式だったり、
いつもの春らしい部分もあります。
そこはそこで、しっかりとお祝いしてあげたいです。


そして今日。


1586082329998.jpg


いつもいつも子どもたちになにくれとなく季節のものや
おいしいメロンパンやらを送っていただいている
県外の方より、イチゴを送っていただきました。

早速おやつにいただきました。
こうして気にかけていただいている方々がいるっていうことが
嬉しいです。
ありがとうございました。

そして皆さま。
今年度もよろしくお願いいたします。

本やDVDをたくさんいただきました。

例年いただいているのですが、
今年も


IMG_20200321_104037064.jpg


県内協賛企業各社様から、アドコマーシャル株式会社様を通じて、
県内の児童養護施設に図書を寄贈いただきました。

もう何年にもわたって継続してこの取り組みを続けていただいており、
本当に頭が下がります。
とくに今年はこんな状況で、子どもたちが暇で暇で。
本もDVDも見つくした状態。
そんななか、新しい本たちは大歓迎で迎え入れられました。

本当にありがとうございました。

世の中すべてが大変なことに…

学校が休校措置で。
仕事をしておられる親御さんたちはたいへん。
じっとこもっていることを強いられているこどももたいへん。

自粛自粛で観光業の皆さんたいへん。
サービス業の皆さんもたいへん。
運輸業のみなさんもたいへん。

みんなみんなたいへんな状況なので、
なかなか
「たいへん!」
って声をあげにくいんだけど、

でも、ぼくらもやっぱりたいへん。
子どもたちがストレスため込んで、
そのストレスを僕ら職員に吸収してもらおうとする。
僕ら職員の容量も無限じゃないので、
だんだんあふれてくる。

なんとかみんなで乗り切ろうよ。



こないだニュースで、内定取り消しになった学生さんが出てた。
そんな学生さんたちもやっぱりたいへんですよね。

もしよかったら
児童福祉の業界に目を向けてみませんか?
働き甲斐のある職場です。
頑張りがいのある職場です。

いつでも遠慮なくお声掛けください。



嬉しいといえば嬉しいのですが、ちょっと複雑…

いつもおいしいハムを定期的にご寄付として
送ってきていただいている、信州ハムさんより。


IMG_20200306_105602117.jpg


今回は、給食食材として用意していたものが、
休校措置で行き場がなくなったもの。
それらを寄付としていただく、という。

本来なら給食食材として、企業としての収入になるはずのものを、
寄付として放出してくださる心意気には脱帽です。
ですので、ただ手放しで嬉しがっていていいのか、ちょっと複雑な心境。


世界は誰かの仕事でできている。


なにやら某テレビコマーシャルみたいですが、
今回このフレーズが真っ先に思い浮かびましたし、
まさしくその通りだなと。


みんなみんな ほんとうにありがとう。

なんかそんな気持ちになったえんちょうでした。

3月になりました…

3月になってしまいました。

高校生たちは今日からお休み。
中学生と小学生は明日からお休みになります。

賛否はありますが、決まった以上は対応せねばならんので。

卒業年次の皆には、思い出をしっかり作って
3月を過ごさせてあげたいし。

そのほかのみんなも、ぎすぎすせずにゆったりと
ひまな毎日を過ごしてもらいたいし。

われわれのスキルが試されるときなんだろうな。

とはいえ…


がんばります。


この時期はなかなか余裕がなくて。

気が付けば1か月近く放置していました。

この間何もなかったわけではありません。
絵本をいただいたり、
朋友の和尚からラーメンをいただいたり、
スキーに行ったり、
などなど、
写真付きでここに掲載したいことはありました。

ワタクシえんちょうに余裕がなくて。
ダメですねぇ。
もうちょっとちゃんとしなければ。
って、いつもこんなことばっかり言ってる。

さて。
今朝のNHKの「あさイチ」。
博多大吉氏、華丸氏と近藤アナウンサーの掛け合いが
おもしろくて、時間のある時は見てるんですが。

今日のテーマは「児童虐待」。
最近こういったテーマのドキュメンタリーをちらほら
目にするんですが、今日のこのテーマの取り上げ方が。

「どうしたら虐待を減らせるのか」
って言ってました。
そして、全体を通しての論調が、
「ヘタしたら虐待って起こりうる」
っていう感じでした。
更に、虐待する側の苦しみなんかにも焦点をあてていて。

とてもとてもとても共感し、
へんな言い方にはなりますが、
この取り上げ方は好感がもてました。
好きです。

「どうやったら虐待はなくせるのか」
「虐待はあってはいけないこと」
っていう論調じゃないことが素敵。
決して善と悪の2元論にもってっての思考停止に陥ることなく、
「虐待」は社会の問題として取り扱うべし、
という意識が伝わるものでした。

久々に、受信料の支払い甲斐のある番組でした。


卒園した子たち。

もうすっかり1月も中旬を過ぎ終盤です。

パソコンの入れ替えにもたついて
ここの更新も途絶えでしまってました。
もちろん見え透いた言い訳です。

さて、今月、何人かの卒園した子たちと会う機会がありました。
いい話もあれば悪い話もあり。いろいろでしたが。

泊まりに来た子が一人おりました。
ここを出てからもいろいろあって、詳しくは本人も話しませんが
ちょっと道を踏み外しかけたり。
路頭に迷ったり、不相応な辛酸をなめたり。
そんな子が、
「私ここに居たい、居心地いいもん。」
「ここに居た頃は嫌だったんだけどねー。」
なんて言って、1泊の予定を2泊にしていきました。

手前味噌もいいとこだけれど、
僕らがこの子に対してしてきた支援は、
そこそこ的を射ていたのかな、と。
そんなに的外れじゃなかったのかな、と。

もちろん、社会に送り出してからなかなかうまくいかない子たちの
ケースもありますし、そんな子たちの支援に翻弄されることもあるので、
飯山学園の自立支援は完璧です!
なんて毛頭言えませんが、なんかちょっとうれしくなる一言でした。

新年あけましておめでとうございます。




あけましておめでとうございます。

元号があたらしくなり 最初のお正月、
みなさまいかがおすごしでしょうか。

昨年は多くのみなさまに支えられて
施設運営を行うことができたと思います。
そのみなさまに御礼を申し上げることができていたか
不安です。もとより
「モレ、オチ、ヌケ」
の激しい園長です。
もし、不快な思いをしたかたがいらっしゃいましたら、
本意ではございませんので平にご容赦お願いいたします。


そんなこんなで、本年も
何卒よろしくおねがいいたします。
どうかなまあたたかく見守っていただければ
幸いでございます。


飯山学園
えんちょう。

ありがたくも もうしわけなくも。

りんごをたくさんいただきました。


IMG_20191229_134916631.jpg


豊田村のリンゴ農家さん。
毎年飯山学園のための木をキープしていただいて、
リンゴ狩りにご招待いただいています。

今年は台風19号のときに川沿いの畑が全部浸かってたいへんなことになり、
ご招待も辞退していたのですが。

なんと、わざわざもってきていただきました。

たいへんななか、わざわざ収穫までしていただいて。

いつも以上に気持ちのこもったおいしいリンゴです。

ほんとうにありがとうございました。



クリスマスギフト。

ここ数日、
クリスマスということもあり、いろいろとうれしいいただきものを。


IMG_20191224_091847788.jpg


ここ数年毎年本を贈っていただいている、
アースカラープロジェクトさん。
今年はこれまたおもしろそうな本を。
こういうの、好きそうな子がいて、この本の表紙を見た瞬間、
あ、○ちゃんが喜びそう、と思い、うれしくなりました。
塩野さんありがとうございました。


IMG_20191227_083749529.jpg


これは飯山市役所さんから。これまた例年のもの。
中身は映しませんが、うれしい贈りもの。

上記以外にも、おもちたくさん、おいしいハム肉、リンゴたくさん、
おもちゃ… 

たくさんのみなさんにささえられてるんだなー と改めてです。

今年もみなさんありがとうございました。

それではみなさん よいお年をおむかえくださいませ。


完全にワタクシゴトですが…

ワタクシ園長は、幼少の頃より車が好きで。
幼稚園の頃には街を走る車のメーカー及び車種をすべて言えるぐらいだったり、
小学校の頃は新車が発表になると父におねだりしてディーラーにカタログもらいに
つれてってもらったり、中学になると自転車で自分でディーラーに行ったり。
そんな子でした。

なので、ヒトの車はよく見てます。すごく見てます。
以上を前段として。

今朝。
犬の散歩をしていました。
交差点で車に乗って信号待ちしている県議さんに偶然遭遇しました。
普段から飯山学園に対して気持ちを向けていただいている議員さんです。
その議員さん、ちょっと古めのわりと大衆的な車にずっとながいこと
乗られていたのを覚えています。当然最初は新車だったんでしょうけど。
かつてウチの職員がおんなじの乗ってた、っていえば、どのぐらい大衆的か
伝わるかと思います。

さて、今朝のその議員さん。新しい車に乗られていました。
でもやっぱり大衆的な。ウチの職員が乗っててもおかしくないような。
そして私を認識すると、窓をあけて気さくに声をかけてくださいました。
きっとこの車も長く大事にされるんだろうなー と思った次第です。

恥ずかしながらワタクシ園長は、政治向きなことに疎いです。
イマイチ興味もありません。
なのでその議員さんの政治的信条なんて理解してませんし、過去の業績も知りません。
(ごめんなさい)
でも、私の勝手なイメージで、ふんぞり返って高級車ころがして人の話聞かない、
っていうほんとに勝手な「政治に携わるひと」に対するわたしの偏見を覆したのは
この方です。というかこの方が乗ってた車。
かつてこの議員さんが、ちょっと古めの大衆車に乗ってるところを見たときに
「あ、この方を頼っていいかも」って感じたのは事実。

わたしのスイッチは他人とちょっとちがうのかもしれませんが。


とくになんということもなく、なワタクシゴトでした。

その議員さんの発車の際のひとことが
「来年もよろしくー」
だったので、改めてそんな時期かと認識した次第です。

改めて 皆様、

「来年もよろしくお願いします」