水まつり in 栄村

栄村 水まつりにご招待いただきました。
午前中の とまともぎ体験からの。

水遊びやりたい放題

ポスターのキャッチコピーのとおり、本当に水遊びやりたい放題。


Image_cacd05c.jpg


暑くて暑くて暑かったですが、
参加した子どもたちも、そして私も楽しかった。

なんか村長さんもびしょびしょにされてたな。
なんかいい村だな、と。

毎度おなじみ グレート☆無茶氏、
栄村のみなさま。

ほんとうにありがとうございました。
また来年、よろしくお願いいたします。

学生さんたち。

昨日と今日、
東京の法政大学現代福祉学部の学生さんたちが
フィールドワークの一環で飯山学園に来られました。

昨日は朝から夕方まで子どもたちと遊んだり
宿題を手伝ったり。

そして今日は「座学」。
私、園長や、市内の就労支援A型の責任者の方から
これからの日本の福祉を担う若者へ、彼らが考える
きっかけになるであろう、なってほしいような
お話を繰り広げてみました。


WP_20190808_11_17_06_Pro.jpg


この若いヤツらがこれからの日本の福祉を担っていってくれるんだ
と思うと、喋りにも自然と熱が入りました。

ガンバレ若者。

0

冷やし中華をたっぷりと!

信翠師、いつもありがとう。

わたし園長の朋友である福岡の和尚から
もう、恒例となっている
「麺」が送られてきました。どっさりと。


WP_20190805_18_26_52_Pro.jpg


子どもたちとおいしくいただくよ。
いつもホントにありがとね。


因みに、製麺屋さんから夕方連絡があって、
レシピの紙を入れ忘れたのでファックスおくります、と。
ていねいなご対応ありがたいです。

ほんとにウチはステキな皆さんに支えられてるんだなと
あらためて。

海! です。

2日のことです。

もう毎年恒例になってしまっていますが、
ナシモト社長のお計らいで海につれていってもらいました。

水の事故なんかも怖いんですが、
ウチの子たち、事前に水の事故の怖さなんかをお話しておいたら
ちゃーんと
「ふざけすぎない」
「悪ノリしない」
「大人の声掛けには(しぶしぶ)従う」
なんてことができていて、
いい子たちだなー、なんて。


WP_20190802_12_11_18_Pro.jpg


写真は、お世話になった海の家「むつみ」さんからの一枚。

やはり、海なし県の我々にとってこの風景にあこがれるというか。

すてきな一日を過ごさせていただき、皆さんありがとうございました。


土用の丑の日。そして土曜っていう。

昨日、土用丑の日でした。

ウナギ、高いし。
ことしはどうしようかな、と思っていたら、
なんと、店長がごちそうしてくれました。
全員分。


WP_20190728_09_36_03_Pro.jpg


おかげさまで、みんなでおいしく
土用丑の日を過ごすことができました。

ごちそうさまでした。おいしかったです。

店長、ありがとうございました。


第3回笑う門にはハッピーカムカムフェス。

通称「ハピフェス」も、回を重ねる事3回目。
今年も主催の「でんちゃん」に招待していただきました。

水鉄砲作り、流しそうめん、なんかで楽しませていただき、
シメは恒例、信州プロレス。


WP_20190715_15_37_23_Pro.jpg


子どもたちと一緒に楽しませていただきました。

みなさん、ほんとうにありがとうございました。

来年もまた楽しみにしています。

新任職員研修。

7月8日、9日と、
長野県児童福祉施設連盟主催の
新任職員研修が行われました。
ワタクシ園長も、講師としてお手伝いをしてきました。
その分の写真はありませんが、


WP_20190709_10_06_04_Pro.jpg


上の写真は9日最後に行われた
「接遇マナー研修」
新任さん向けの研修ではありますが、
・TPO
・時間厳守
・あいさつ
など、私自身振り返らねばならないことも…

気持ちを新たに頑張んなきゃな。

と同時に、この新任職員さんたちが
子どもたちと生活を共にするというこの仕事に
できるだけ長く従事していただければと。





横浜にて

WP_20190704_23_43_26_Pro.jpg


わりと研修には行くようにしています。


他の施設の方々のお話を聞いたり、
自分の話の反応を聞いたり。

普段使わない部分の脳みそを使ってて
疲れましたが、刺激的ないい時間を過ごさせていただきました。


明日からもまたがんばります。


6月も終わりますが。

気が付けば6月もおわり。

 いちご狩りのご招待。

 日赤奉仕団の皆様の布団づくり。

 新任職員研修の講師を務めさせていただいたり
 ハーゲンダッツ!! をいただいたり
 ラーメンフェスティバルを開催してみたり。

今月のたくさんの方々に支えられている飯山学園です。
しかしながらブログ更新ならず。

ここのネタになりうる出来事はいろいろあったのに…

忙しいという字は「心を亡くす」と書くのです。

はい。すっかり心を亡くしているワタクシ園長です。

7月はちゃんとやります。
がんばります。

この春卒園した子が、

この春、高校を卒業して飯山学園を巣立ち、
都内の大学に進学した子が、
先日千曲市で開催された

第54回長野県児童福祉施設大会

に参加してくれました。
スピーチとディスカッション、ほぼメインと言っていいような。


画像



写真はパネルディスカッションの様子。
いままでいろいろ場数をふんでいるからか、
堂々としていて、ほかのパネラーの皆様よりも数段光って見えました。
ひいき目抜きにしてもね。

この大会、長野県の社会的養護についての啓発のため、
毎年開催されているのですが、今回ばかりは啓発なんてどうでもよくて、

「うちの子のはなし聞きに来てー」

な想いでいろいろな方に声をかけさせていただきました。
なのに、
本人が忙しすぎて、パネルディスカッション終了と同時に
車に乗り込んで駅に送らねばならず、終了後に言葉を交わしたかった皆様には
ご迷惑をおかけしてしまいました。
この場をお借りして、申し訳ありません。

まあ、私としましては、久々に顔見れたし、近況も聞けたし、
いい時間でしたよ。

またおいで。

感謝感謝のバーベキュー

5月3日、毎年恒例の飯山学園バーベキューが行われました。

学園としてお客様をお招きしてのほぼ唯一の行事。
もともとは、ゴールデンウィークに帰省しない子たちの
お楽しみとして始まりました。

今は、その意味合いに加えて、日ごろお世話になっている方々を
招待させていただいて、食べて飲んで楽しんでいただく、といったような。

まあ、子どもたちや職員による出し物的なものもないですが、
焼きたてのお肉や海産物、流しそうめんやかき氷など
それなりに工夫をこらして楽しんでいただいていると思ってます。

今回も、多くの方々に来場いただき楽しんでいただきました。
毎度おなじみの信州プロレスの面々も、ゴールデンウィーク真っただ中
日のいい頃にもかかわらず来ていただいて、場を大いに
盛り上げていただきました。
みなさん本当にありがとうございました。

もちろん私も楽しかったですよ。



しかし、うかつなことにワタクシ、ブログ用の写真を撮り忘れるという
失態を犯してしまいました。
どなたか、ブログ向けのいい写真ありましたら、
コメント欄に貼り付けていただけないでしょうか。
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。



地鎮祭。

今年度、新規で開設する、
分園型小規模グループケアの建設地にて
地鎮祭が執り行われました。


画像



神主さんも来られて、厳かに無事執り行われました。

新築で建てるのですが、建てていただいた建物を
飯山学園でお借りする、という形式のため、
施主は飯山学園ではありません。
あくまでも今回の地鎮祭は「お客さん」。

そんなイメージで参加していたので、最後に
「飯山学園長からひと言ご挨拶を…」
っていう進行の流れにはあわてましたが。
心の準備ってもんが…
あらかじめ言っといてくださいよ。

まあ、何はともあれいつものごとく、
たくさんの方々のご支援によって
飯山学園の新しい事業が今年度スタートいたします。
皆さんから応援していただけるに値するような
施設であるために、がんばっていこう、と
再認識する機会でもありました。

今後ともみなさまよろしくお願いいたします。

ラーメンとポテトチップス。

毎度おなじみ、
といえるほどに来ていただいている、

ラーメン まめ虎 さん


画像



昨日も夕方に来てくださいまして、
子どもたちと職員にラーメンをふるまっていただきました。

そして、こちらも毎度おなじみ
信州プロレス グレート☆無茶氏も一緒に来園。
子どもたちと一緒に楽しくラーメンを食べていってくれました。

さらに! 無茶氏と一緒に来てくださったのが、

カルビー株式会社 片山氏。 はじめましてです。


画像



ポテトチップスをたくさんいただきました。
しかも発売されたばかりのいろんな都道府県の味の。

子どもたちと、近々ポテチパーティーを開催できる量です。

飯山学園、というか、児童養護施設の業界に
丁寧に思いをいせていただいている方々に
感謝です。

ありがとうございました。

新しい感じのいただきもの。

本日お米をいただきました。


画像



つくば市谷田部のコシヒカリ。
なにが新しい感じかというと、

ある方が、つくば市にふるさと納税を行ないまして、
その返礼品であるお米の贈り先を飯山学園にしていただきました。

そんな形のご寄付もあるんだなぁ、世の中変わってきてるんだなぁ
と、いただいた身でありながら、変な感心をしてしまっています。

なにはともあれ、いつも飯山学園に関心をもっていただいて
何くれとなく連絡をいただいている石井さま。
ありがとうございました。

あたらしい年度のはじまり。

画像



4月2日なのにうっすら雪景色でした。
まあ、飯山あるあるですが。
思い返せば入学式に雪、とかよくある話でしたから。

昨日、年度初めのセレモニーがありまして、
今年は4名のあたらしい職員を仲間に加えてスタートしました。
そして、新たに中学生になり、高校生になりした子どもたちからの
力強い決意表明も聞かれました。

「そんなに気張んなくてもいいよ」

って思ったんですが、せっかくの彼ら彼女らの想いに水をさしてもいかんので
よし、頑張れ、って言っておきました。

でもね、
たとえ頑張れなくなってしまっても、
僕ら大人はきみたちの傍らにいますよ。
安心して頑張れなくなっていいんだからね。


朝日新聞さんで。

先日退所して東京に引っ越していった子を
2日にわたって記事にしていただきました。

結構長期にわたって取材をすすめておられ、
「弁論で賞をとった」とか「逆境のなかでスゴイ」的な
表面的な、通り一遍な内容ではなく、
周辺まで丁寧に掘り下げて記事にしていただいていました。

彼女が何を感じ、考え、成長してきたかがわかる記事。


https://www.asahi.com/articles/ASM3Q0PWDM3PUCVL010.html


一応、一部分しか読めないけど、朝日新聞オンラインの記事。
おまけ的な感じで張り付けてみました。

朝日新聞の上田さん、ありがとうございました。
今後とも、この子への関心、また、この業界への関心を
よろしくお願いいたします。

DVDをいただきました。

アドコマーシャル株式会社さんの

「第10回子どもたちに笑顔を贈ろう。」企画で、
長野県児童福祉施設連盟経由で
DVDをいただきました。

毎年絵本やDVDをいただいていて、「第10回」の文字を見ると
ああ、もう10回もつづけていただいているんだなと。

この企画の一環で、数年前には本物のアナウンサーの方が
飯山学園に読み聞かせに来ていただいたこともありました。


画像



先日、連盟で贈呈式もありました。

http://www.jidouhukushi-renmei.org/2019/03/28/%E3%80%8C%E7%AC%AC10%E5%9B%9E%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AB%E7%AC%91%E9%A1%94%E3%82%92%E8%B4%88%E3%82%8D%E3%81%86%E3%80%82%E3%80%8D%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E8%B4%88%E5%91%88%E5%BC%8F/

私は当日インフルエンザでダウンしていたので参加できませんでした。
直接ご挨拶できなかったので、この場をお借りして。

本当にありがとうございました。

ボール、たくさんいただきました。

日本スポーツ用品協同組合連合会さまより、
飯山のおとなり中野市内のスポーツ用品店
マツヤスポーツ さまを通して
ボールをたくさんいただきました。


画像



マツヤスポーツさんは、事前に飯山学園に来られて、
ニーズの確認をしていかれました。

そんな細かいお心遣いがありがたかったです。

日本スポーツ用品協同組合連合会さま
http://www.jsera.jp/

マツヤスポーツさま
http://nakano-shoren.jp/shop/%EF%BC%88%E6%9C%89%EF%BC%89%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%A4%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/

ありがとうございました。
きっとボールなので、こどもたちは乱暴にも使ってしまうとおもいます。

ご容赦ください。

毎年恒例になってます。おいしいチョコです。

職員同士で話題になってました。

そろそろチョコレートのじきだねって。
※厚かましくて申し訳ありません。

今年も、

画像



こんな素敵なのをいただきました。
写真はごく一部です。

毎年、4月1日のセレモニーの食卓を彩らさせていただいてます。


ダスカジャパン クァウテモック さんありがとうございました。

http://www.daskajapan.com/

ホームページみつけたので無許可で張り付けてみました。
だめなら連絡ください。

巣立ち。

今年は3名の高校3年生が巣立っていきました。
進学2名、就職1名。

私も

http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/4850

この子の引越しの人足を担ってきました。
(本人の許可を得てこのリンクをはりつけています)

高校3年間、自分でいろいろチャレンジして経験を積み、
成長を重ねてきた、そしてその成長を自覚して言葉にできるまでに
なっている本人。
私自身、3年前はこの子がここまで内面的な成長するなんて
想像できなかったし。
頼もしい限り。今後の活躍も大いに期待できる。

って頭では思ってても、別れ際のちょっと不安そうな表情なんかを
みると、やっぱり心配。
都会、おっかないし、いろんな人いるし。

月並みだが、がんばれ。